両親との関係

「母の日のプレゼントを選ぶのが億劫で仕方がない!」のはなぜ?

こんにちは!笑み育カウンセラーの井上ききです。

 

さて、もうすぐ母の日ですね。

この時期になると、「母の日のプレゼントを選ぶのがめんどうで仕方がない」と訴える方をときどき見かけます。

義母へのプレゼントはもちろん、実母にさえも「何を買えばいいのかわからない!」とおっしゃいます。

 

実はわたしもそうでした。

 

母の日が近づくと思い出すことがあります。

小学生の頃、母の日のプレゼントをしたときの記憶です。

お小遣いを残しておいて、白いパイル生地のサンバイザーを姉と一緒に選びました。

わたしたちは母がぜったいに喜んでくれるとバカみたいにワクワクしていました。

しかし、母の反応はぜんぜん違うものだったのです。

 

「白は汚れるでしょ~!も~!」でした。

母はがっかりとも、うんざりとも取れる表情で完全にイラついていました。

 

この出来事によってわたしはプレゼントをすることに恐怖すら感じるようになっていました。

とくに母の日のプレゼントは無難に花をプレゼントするのさえ恐ろしくてやたらにお金を使ってみたり・・・何もプレゼントしなかったり・・・

完全に迷走状態が続きました。

 

似たような体験をしている方は多いかもしれませんね。自分のプレゼントが喜ばれず、それどころか、むしろ迷惑がられたと感じる体験。

それによって、プレゼントをすることにすっかり自信を無くている方が「プレゼントを選ぶのが億劫で仕方がない!」と訴えています。

つまり、プレゼントを選ぶのが億劫でめんどうな理由は喜ばれるかどうか、迷惑じゃないかどうか・・・そこがめちゃめちゃ怖いからなのです。

 

この「どう思われるか?」を手放せるとプレゼントはとても楽ですね。

ちなみに私の場合は・・・
楽天の「母の日特集」の人気ランキングからポチ。
これで完了。

心を込めるけど時間は使いません。

 

時間を使っても使わなくても何を送っても

喜ばれるかもしれないしひと言イヤミを言われるかもしれない。

それはすべて相手の心の状態次第です。こっちにはどうすることもできないのです。

 

◆井上ききの【笑み育カウンセリング】のお試しを受けてみる

◆【コミュニケーション分析】自分の性格を数値で知る!理想の自分になるためにはどうする?

◆幸せなフリーランスになるための【笑み育ビジネスコンサル】

◆無料メールマガジン「子育てのイライラをすっきり愛に戻すメールマガジン」

◆井上ききへのお問合せはどんなことでもお気軽に

 

 

 

 

最近の記事

  1. お知らせ

    我が子も自分も愛おしくなる【バースカフェ】
  2. 無料メルマガ

    子育てのイライラをすっきり愛に戻すメールマガジン
  3. お知らせ

    個別カウンセリングお申込み方法
  4. 井上流成功法

    「やるべきこと」と「やりたいこと」どっちを優先するべきか?
  5. 両親との関係

    「母の日のプレゼントを選ぶのが億劫で仕方がない!」のはなぜ?
PAGE TOP