お気軽にLINE@からメッセージくださいね♪

ワークシートダウンロード

親の呪縛(じゅばく)から卒業すればビジネスは上手くいく

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!井上ききです。

 

ビジネスが上手くいかないのは、親の呪縛(じゅばく)も大きな要因です。

 

方法論を学んでも、そういう問題ではない気がしている方も実際にいらっしゃるはずです。

 

今日は、親の呪縛つまり「しつけと教育」がいったいどう私たちのビジネスに影響を与えているのか具体的に解説します。

 

そして、その親の呪縛からどのように卒業すればいいのかを解説します。

 

この記事はこんな方におススメです。

 

・起業したけど上手くいっていない方
・ビジネスをもっと加速させたい方

 

 

私たちはしつけと教育によって生き方を決めている

 

 

私たちの性格は、親のしつけと教育による影響をかなりの割合で受け取っています。

 

「受け取っています」と表現したのは、同じ様にしつけと教育を受けても、きょうだいで生き方が違うからです。

 

つまり、親のしつけと教育を「どう受け取ったか」によって生き方を決めているのです。

 

実際、わたしは双子で、両親は偏りなく特別扱いしないように勤めて平等に育てたそうですが、私と姉の性格や生き方はずいぶん違います。

 

私の性格は親の育て方のせいだ、と考えている方もいるかもしれませんが、正しくはその育て方をどう捉えたか、という自分自身の選択でもあったのです。

 

中には片親でしたとか、祖父母に育てられましたと言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

その場合は養育してくれた人から多くを受け取りますが、「親がいない」という状況から受け取る影響も呪縛となるのです。

 

 

幼少期に体験したことの繰り返し

 

 

何度も似たような問題に遭遇する方がいます。

 

なぜか、定期的に男性とトラブルになる
なぜか、いつもご近所問題で引っ越ししてる
目標に向かおうとするといつも女友達に足を引っ張られる
どこへ行ってもお局さんにいじめられる
旅行に行くと必ず誰かとケンカする

 

本人は人生そういうものでしょ、みたいに思っていることが多いのですが、客観的に見ると非常に奇妙です。

 

なぜこんなことになってるかというと、私たちは幼少期に体験したことを繰り返してしまう性質があるからです。

 

例えば、幼少期に父親に理不尽に責められた体験をして、そのときに納得しないまま悲しみを封じ込めた、というような体験を持っていると、似たような出来事が起こります。

 

あの日の感情を処理するために無意識に似た出来事を引き寄せるのです。

 

そして、再び向き合うことなく、感情を封じ込めて我慢して終わらせると、三度 似たことを体験するわけです。

 

インナーチャイルド、つまり潜在意識はそのくらい強い再現力を持っているのです。

 

 

ビジネスが上手くいかないのも両親との関係が原因

 

 

ということは、ビジネスが上手くいかないのも両親のしつけと教育の影響や、幼少期の体験による影響が少なからずあるわけです。

 

いくつか具体的な例をあげてみます。

 

 

次々にビジネスを変えてしまう

 

 

ビジネスに失敗は付き物です。上手くいくまで積み重ねることも必要です。

 

しかし、ちょっとやってみて上手くいかないと別のビジネスに変えてしまうとか、

 

あるいは、たくさんの資格や色んな認定を取得したけど、なかなかビジネスを始められない、というケースもよく見かけます。

 

あくまでも推測ですが、このような場合は、幼少期に親から「どうせあなたにはできない」とか「どうせ上手くいかないからやめておけ」と言われた体験をしたのかもしれません。

 

まさに親の呪縛です。無意識に今でも親のしつけと教育の中にいるなら、そろそろ卒業が必要です。

 

 

お金が苦手

 

 

幼少期に育った家庭において、お金の話がタブーだったケースです。

 

両親がお金の話をしないだけじゃなく、何か欲しいものがあって親にお金をねだると、とんでもなく嫌な顔をされた方も少なくないはず。

 

お年玉の合計金額を口にしただけで、「そんなこと言うもんじゃありません!いやしい!」なんて怒鳴られたり。

 

このようなしつけと教育によって、とにかく「お金は悪いモノ」「なんだかよくわからないけど怖い」のようなイメージをお金に対して持ってしまうと、お客様にお金の話ができないという現実を呼びます。

 

そうすると、できるだけお金をもらわずにすむビジネスをしてしまう。

 

例えば参加費1000円くらいのイベントをしたり、知名度に見合わない高額な料金設定をしていたり。(誰からも申し込みがなければ誰にもお金をもらう必要がないので)

 

ただし、お金が苦手な人が一生苦手かというと、実はそうではありません。

 

親のしつけと教育を卒業すれば、今からでもお金とちゃんと仲良しになれますよ。

 

目上の人が怖い

 

暴力的な父親に育てられたとか、威圧的な母親に育てられたという方も少なくないです。

 

私たちは無意識に他者に対して「投影」を起こします。

 

つまり、目上の男性には父親を投影しますし、目上の女性には母親を投影します。

 

年上ではなくても、立場が上の人には親を投影しやすいです。

 

この投影が原因で、例えば目上の男性には近づけないとか、逆に何故か近づいてしまうとか、目上の女性にはつい迎合してしまう、などがあります。

 

これが原因でビジネスのきっかけをみずから逃しているかもしれませんし、感じなくていいストレスを感じているかもしれません。

 

これも記憶の中の親に自分が勝手に怯えているだけなのです。

 

 

そもそも働くことが嫌い

 

 

そもそも働くことが好きではないのに、みずからビジネスを始めてしまう方も少なくないです。

 

それで上手くいけばいいのですが、上手くいかない場合は育った環境に原因があるかもしれません。

 

なぜ、そのようなことになるのかは、それぞれの幼少期の体験があると思うのですが、ひとつ例をあげると・・・

 

仕事嫌いの父親に育てられ、父親は職を転々とし経済的に苦労した体験をした方が、

「仕事はつまらないんだ」という教育を無意識のうちに受け取っていて、

 

そうとは知らずに「わたしは誰よりもお金持ちにならなきゃ」と生き方を決めたケースがあります。

 

こうなっていると、「稼がなきゃいけないけど仕事は楽しめない」というどうにも苦しい状況になっても不思議ではありません。

 

本来は、誰よりも稼ぐ必要なんて別にないし、仕事は楽しめば楽しいものですし、そもそも仕事を楽しまなくても、仕事と割り切ってもいいのです。

 

色んな働き方や生き方の選択肢があるのに、親のしつけと教育が原因で、自分の生き方を縛ってしまうのです。

 

 

私の願いは叶わない

 

 

ビジネスであってもそれ以外でも、自分のやりたいことを実現しようとすると、なぜか計画が途中で頓挫してしまう、という人生を繰り返している方もいます。

 

あと一歩のところで、邪魔が入ったり、なぜかコロナになってできなくなってしまう、とか。

 

これは、幼少期に自分がやろうと思ったことを親に阻まれて実現できなかった、という体験をしている可能性があります。

 

例えば、小学校低学年のころ、大きな滑り台がある隣り町の公園に行こうと友達と計画をしていて、

その当日に親に「どこいくの??雨降るから家に居なさい」と有無を言わさず阻止されてしまったとか。

 

このような理不尽な想いをしていると「どうせ私のやりたいことは実現できない」という思い込みを握ってしまうことがあります。

 

これ、強いセルフイメージになってしまうので、あと少しのところで、みずから何か理由を付けて計画を頓挫させてしまうこともあるのです。

 

こちらもおススメ。
 ↓  ↓

 

 

親の呪縛から卒業する方法

 

 

いくつかの事例を出してみましたが、どれもあくまで事例です。あなたの育った環境があり、そしてあなたの体験があります。

 

必ずしも強烈に悲しい体験とか、死ぬほど怖い体験がトラウマになっているわけではなく、幼少期に当たり前にあった家庭のルールなどが原因だったりもします。

 

だからこそ、自分にとっては当たり前、もっと言うとそれが真実なわけです。そうなるといきなり呪縛を見つけるのって難しいですよね。

 

私がおこなっている【エミークコーチング】では「今、どんな問題が起こってるのか」という視点から入ります。

 

今ある悩みからスタートすれば親の呪縛からの卒業ができるのです。

1)今どんな問題が起こっているのか?
2)どんな否定的な解釈が原因か?
3)その解釈はどんなしつけと教育が原因か?
4)そのしつけと教育によってどんな間違ったセルフイメージを握ったのか?
5)生きたい人生を生きるために採用するセルフイメージは?
6)これからあなたは何をする?

 

おおむねこんな流れで親の呪縛、親に限らず社会や学校による呪縛も含めて始末していきます。

 

不要なものを手放したら、今度は自分が本当に在りたい在り方を選択するのです。

 

 

親の呪縛(じゅばく)から卒業すればビジネスは上手くいく まとめ

 

 

人間関係やビジネスが上手くいかないのは、あなたが怠けているからではありません。親の呪縛がブロックになっているだけなのです。

 

私たちはあまりにも幼く、親に100%依存して生きなければいけなかったこと、さらに不安の強い親に育てられたことがこのような呪縛を受け取る原因となります。

 

しかし、もうじゅうぶんに大人になったあなたは、ご自分のオリジナルの価値観を生きることができるのです。

 

最後にひとつアファメーション(暗示文)を贈ります。上手くいかないときに、繰り返し唱えてみてくださいね。

 

「わたしはどうせ愛されます。そして、どうせ上手くいっちゃいます」

 

エミークコーチングはワークシートでコーチングをおこなっています。

 

このワークシートの使い方を理解すれば、一生、自分で自分のコーチングができるのです。

 

何か悩みが発生するたび、自分でリセットして、本来在りたい自分に戻る。その在りたい自分としてビジネスをすれば、理想の結果がついてくるわけです。

 

エミークコーチングは初回のみ特別価格で受けることができます。
  ↓  ↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 井上きき , 2022 All Rights Reserved.