お気軽にLINE@からメッセージくださいね♪

笑み育カウンセリング

笑み育ワークシートダウンロード

夫に甘えられないあなたが満たすべきたったひとつのこと

井上 きき
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
井上 きき
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!笑み育カウンセラーの井上ききです。

夫に甘えられない・夫に頼れない

夫に甘えられないとか、夫に頼れないとおっしゃる方は非常に多いです。

家事をやってくれても「ありがとう」を言えないとか、手伝ってくれて助かれば助かるほど、なんだかモヤモヤするって方もいます。

それなのに、何もしないでテレビを観て笑っている夫をみると、腹が立って仕方がないそうで、

「わたしは家事を手伝ってほしいのか、手伝ってほしくないのか、いったいどっちなのでしょう・・・?」

なんて、とうとう自分のことなのにわからなくなってしまうようです。

 

 

 

 

 

この素直になれない原因とは?

これは、いったい何が起こっているのでしょう?

何が原因で素直に「手伝って~」と頼れないのでしょう。

 

このようなケースでは、実は例外なく「承認欲求」が満たされていないことが原因なのです。

つまり、認められたいのです。あるいは、わかってほしいのです。

 

本当はただ認めて欲しいだけ

本当は、夫に頼るとか甘えるとかそんな問題よりも、心の底で求めているのは、「わかってもらって、認められること」なんです。

“いつも大変な家事や子育てをやってくれてるよね。本当にすごいと思うよ!俺には絶対にできないもん。君だからできるんだよ。本当にありがとう。いつも助かってるよ。尊敬してる。”

そうやってねぎらって認められたいんです。

 

承認欲求が満たされていないと、夫に家事や育児で活躍されることが嫌で仕方がないのです。

調子に乗られて、ドヤ顔なんてされたら屈辱なのです。

「ありがとう」なんて言えません。言えたとしても、ぜんぜん気持ちを込められない。

だって、自分こそが認められたいし、自分こそが「ありがとう」とねぎらわれたいからです。

 

しかし、なぜこれほどまでに認められたくて仕方がないのでしょう?

なぜこれほどまでに認められたいのか

それはね、幼少期に母親などの養育者によって満たされるべき承認欲求がうまく満たされていないからです。

幼少期の親子のコミュニケーションに承認が少なかったのでしょう。

だから、あなたの中の子どもの心が「もっと認められたいよ~」と泣いているのです。

 

それなら、その部分を自分で満たせばいいのです。

だから、いつも言うのです。

自分で自分をホメてねぎらいましょうと。

 

しかし、いい大人である自分をホメるって難しいのを知っています。

だからこそ、インナーチャイルドセラピーなのです。

小さな自分自身を自分の内側に感じることができれば、その子をほめればいいのだから。

難しいことではありませんよ。

だれもができるセラピーです。

 

ぜひ、体験しにきてくださいね。

【ママを女神さまにする笑み育ワークシート体験会】名古屋と大阪で開催します!

※名古屋は残席1となっています~。お急ぎくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
井上 きき
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 井上きき , 2018 All Rights Reserved.