お気軽にLINE@からメッセージくださいね♪

笑み育カウンセリング

笑み育ワークシートダウンロード

母の日のプレゼント選びめんどくさっ!!!を解決する方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!井上ききです。

もうすぐ母の日。

実は、わたし、以前は義母にプレゼントを贈るのがどうも気が進まなくて、

ぶっちゃけると、いやいや贈ってた(笑)

自分が義母の立場だったら、いやいやなら頼むから贈らないでくれって思うけどね。

 

わたしね、あの頃は自分が好かれるためにプレゼント贈ってたなって思う。

まあ、どちらかちうと、嫌われないためにの方が近いかな。

だから、「もうちょっと高いものじゃないとダメかな」とか、もうちょっと気の利いたものを探した方がいいかな」とか、

そんなこと考えてるからどんどんめんどくさくなる。

 

でも、そうやって何とかがんばって選んだのに、

「太っちゃうわね、こんなにおいしいモノいただいて」なんて言われたりすると、

「あんな言い方しなくていいのに」「やっぱり喜んでもらえない」って勝手にネガティブになる。

 

実は、自分が認めてもらうため、自分が愛されるためにプレゼントを贈ってると、こういうことに必ずなる。

せっかく頑張って選んだのに、認めてもらえない、愛してもらえない・・・って。

どうせ認められないのに、なんでお金を使わなくちゃいけないんだって。

つまり、わたしは愛されることばっかり考えてた。

 

本当はプレゼントって、愛されるためじゃなくて、愛するために贈るといいよね。

最悪、喜んでもらえなくてもどっちでもいいから、愛したいから送る。

だから、贈った時点でその行為は完結してる。

相手のリアクションは何も関係ない。

もしも、愛したくないって感じたら贈らなければいい。

このことに気づいたころから、プレゼントを贈るのが本当に楽しくなったの。

贈りたいものを送り付けちゃう(笑)

細かいことは気にしない。

 

そんな風に楽しくプレゼントを贈るようになったその後も、贈ったプレゼントにいちゃもん付けられることはあったの。

例えば、父の日に靴下を何足か贈ったことがあったんだけど、そうしたら義母に、

「お父さんの靴下のストックはわたしも少し前に買ったのよ。もうこれで、死ぬまで靴下買わなくて済むわね」

って言われたの(笑)

でも、ご機嫌でいられた。

きっとお父さんは私の靴下を気に入ってくれるはず、って。

 

これと似てる話で、

先日ある男性が出張の帰りに、妻と高校生の娘にエクレアを買って帰った話をしてくれた。

「4日も家を空けちゃったから、お詫びというか、あれで・・・。駅ビルに寄って買って帰ったんだけど」と。

「そうしたら、二人ともダイエットしてるから明日の朝食べるわ、って言って食べないの!信じられる!?」

と言って、ご立腹だったんです。

 

これも「補償行為」といって、自分は4日も家を空けちゃう悪い父親だから、そのことに対する代償にエクレアを買ってるの。

無意識なんだけど、自分をそもそも「悪いモノ」だとか「ダメなモノ」だという前提を持ってるんだよね。

 

だから、「普通は喜ぶべきだ。夫が出張帰りに買ったエクレアを食べないなんて、ダメな妻だ、悪い娘だ」って

今度は相手を悪者にする。

そもそも、家族を愛してるからエクレアを買ったんだったら、買って渡したらその行為は完了しているはずなのに。

 

ということは、プレゼントって買って贈ったら、そこですべて完了するといいよね。

私が贈りたいから贈っただけさ、って感じで。

喜ばれようと、迷惑がられようと、愛せたからご機嫌だよって。

 

私は今年はすでに義母へのプレゼントは注文しました。

外出もままならないだろうから、美味しいものと、お花を両方贈りたくて、別々のサイトでそれぞれ注文。

2回もプレゼントが届くことになっちゃうけど、それすら気にしない。

そうしたかったから、そうするのだ。

 

 

 

☑ 問題解決力をつけたい
☑ いつもご機嫌でいたい
☑ エミークコーチングシートに興味がある
☑ モヤモヤ、イライラを解消したい
☑ 何か新しいことを始めたい
☑ 井上ききに興味がある

そんなあなたをお待ちしています!

この記事を書いている人 - WRITER -
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 井上きき , 2021 All Rights Reserved.