お気軽にLINE@からメッセージくださいね♪

笑み育カウンセリング

笑み育ワークシートダウンロード

誘うのが苦手断るのが苦手なあなたがもっと軽快に生きる方法

井上 きき
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
井上 きき
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!笑み育カウンセラーの井上ききです。

誘ったり、誘われたりすることが苦手だというお付き合い下手なあなたのために書こうと思います。

最近は、「いつも人に囲まれて充実してますね」と言われることが多い私ですが、実は私自身も誘うのも誘われるのも苦手でした。

それゆえ、基本的に一人で活動することが多かったです。

行きたいところややりたいことがあっても、「ひとりの方が気楽だから」とひとりで活動していましたが、本当はひとりじゃできないたくさんのことを諦めて生きていました。

 

誘うのが苦手なのはなぜ?

 

誘うのが苦手だという方は多く、カウンセリングの中でも取り扱うことが多いテーマです。

なぜ苦手なのかを掘り下げてみると、大きく分けて3つの思考のパターンがあります。

1)断られることへの恐怖

ひとつ目は、断わられたら死んじゃうほど傷つくから、それなら最初から誘わない・・・という思考です。

断わられたということと、自分が拒絶されたということを無意識に結びつけているのです。

しかしこれは単なる思い込みです。

相手にだっていろいろと都合があって、なんでもOKじゃないですよね。

「日程が合わない」とか「忙しい」と言って断られたのなら、その通りだと考えればいいのに、「拒絶された」とか「私は嫌われてる」と思うのは自分の解釈にすぎません。

さらに、一度断られるとその後のお付き合いが途切れてしまう方も多く、それはもったいないことですよね。

本当に忙しかっただけなのに、数か月後にはすっかり落ち着いていて、そこからまた素晴らしい関係になるかもしれないのに。

2)来てくれたら楽しませなくちゃ

誘うのが苦手な理由の二つ目は、自分が誘ったイベントやパーティーが楽しくなかったらどうしよう・・・という不安から来るもの。

パスタランチに誘って、「いいよー行くよー」って言われたものの、楽しませることができなかったらどうしよう。

あとで、「無駄な時間だった」と思われてしまったらどうしよう・・・という不安が襲ってきてしまう。

さらに、当日も楽しんでいるかどうか気になって疲れてしまうという方もいます。

誘いに乗っかったのは相手の選択です。パスタランチに行った責任は相手にあるのです。

その決断に、あなたが責任を負う必要はまったくないんですよ。

あなたがもしも誘った立場で、そのランチを楽しめたのなら、「今日は楽しかった~。ご一緒してくれて、ありがとう~」と伝えれば、相手は必ず「来てよかったな」と思うはずです。

 

3)相手を断らせるのが申し訳ない

3つ目が、相手がもしも断らなくちゃいけない場合、断るのに気遣いをさせちゃうのが申し訳なくて誘えないというパターンです。

断わりにくいだろうな~とか、断れなくてイヤイヤ来てくれたらどうしよう・・・と心配になるというケース。

これも、同じですが、すべて相手の問題です。

断わりにくいと感じるなら、それは相手が向き合うべき思考の癖ですし、もしも、気が進まないけどイヤイヤ参加してしまうとしても、それは相手が決めたのです。

相手が取り組むべき問題まであれこれ考えるのは時間の無駄遣いです。

 

誘いを断られたときはどうする?

 

上にも書きましたが、断わられたときは、自分が拒絶されたとか、嫌われると考える必要はないです。

あくまで「都合が悪かった」とか、「今はそういう気分じゃないんだね」と考えるようにするといいのです。

人の気持ちは簡単に変わります。次の機会には、そういう気持ちになることもあるし、ならなくてもいいのです。

相手には断る権利がちゃんとあるんだとわかっていることも大事です。

断わられたけど、わたしはちゃんと愛されていると考えましょう。

 

断りにくいときにはどうするか?

 

誘うのが怖いという人は、たいてい、誘われたときに断ることも苦手です。

「断ることで“拒絶”と感じられたらどうしよう」「相手を傷つけたらどうしよう」「もう次は誘ってもらえなかったらどうしよう」「断ったことで嫌われたらどうしよう」と心配になるからです。

わたしは色んなセミナーや講座に登壇することが多いので、お誘いすることが多いですが、ここに不安がある方は、断りのメールがとても丁寧で、長い文章です。

断る正当な理由を書いてくださるし、わたしのことを気遣ってくれるひと言も添えられています。ありがたいですが・・・

でもね、もっとカジュアルに断わっていいのです。

断わることは悪いことではないし、相手を傷つけることでもないのです。もしも、傷つくとしたら、相手が取り組むべき問題です。

「お誘いありがとう~。今回は大丈夫です。また誘ってね」でじゅうぶんです。

断わる理由は必要ないんですよ。

こんな風に気軽に断わることは、自分を大切にすることになります。

だって、「今月はお小遣い厳しいのに断りにくいから行っとくか・・・」なんて自分を大切にしていないです。

実は気持ちよく断わることができると、同時に、誘うことも気軽にできるようになるんですよ。

 

まとめ

 

誘うことが苦手な方はもっと、気軽に誘って、気軽に断わられてみるといいのです。

そして、それを何度も体験すると、すっかり慣れてくるのです。

また、そうやっていると誘われることも増えてきますから、ぜひ気軽に断わってみてほしいのです。

これが、人間関係を豊かにするし、実に軽快に生きていくための方法です。

自分が断られて傷ついたなら、自分で自分の心を癒せるようになっていれば最強です。

そんな生きやすい人生をあなたが望んでいるなら、笑み育ワークシート体験会でぜひ、インナーチャイルドセラピーを始めてみませんか?

11月は平日と土日の2回を予定しています。

 

 

【ママを女神さまにする笑み育ワークシート体験会】

☑インナーチャイルドセラピーを始めてみたい方
☑自分で自分をご機嫌にできるようになりたい方
☑子育てのイライラを解消したい方
☑子どもをのびのび育てたい方
☑お金や子育ての不安から解放されたい方
☑毎日をとにかく幸せに生きたい方
☑家族を幸せにしたいけど方法がわからない方

ママを女神さまにする笑み育ワークシート体験会

そんな方は、【ママを女神さまにする笑み育ワークシート体験会】で井上ききのプチ笑み育カウンセリングを体験してください。たかが体験会とはいえ、プチカウンセリングによって今までほぼすべての方が何らかのブロックに気づいています。

笑み育ワークシートのミラクルを体験してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
井上 きき
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 井上きき , 2018 All Rights Reserved.