お気軽にLINE@からメッセージくださいね♪

笑み育カウンセリング

笑み育ワークシートダウンロード

コロナで家族がギクシャクする原因は○○なコミュニケーションだ!

井上 きき
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
井上 きき
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

 こんにちは!井上ききです。

 

今月も【エミークコーチ養成講座0期】を開催しましたよ。

zoomなので、お子さんの運動会終わりで参加したり、移動中に耳だけ参加したり、午前だけ参加して午後からPTA行ったり。

参加できなかったところは、毎回zoom画面が録画されてるから大丈夫なのです。

【エミークコーチ養成講座1期】は1月27日開講。1期は平日講座です。詳しくはこちらからどうぞ。
  ↓  ↓

まずは「エミークコーチング」を体験してみたい!と言う方は、無料のこちらをどうぞ。
  ↓  ↓

お問い合わせはこちらから。
  ↓  ↓

さて、話は変わって。

コロナで家族と一緒にいる時間が増えて、イライラを募らせているという方がいる。ただ一方では、家族と過ごす時間が増えて幸せだと話す方もいる。

この違いはいったいなんだろう?

今日は、家族が居心地のいい居場所になるために、まずあなたがやるべきことについてお伝えします。

 

人間関係におけるディスカウントとは?

 ディスカウントってつまり「値引き」とか「割り引き」とか「値切る」、「安くする」というような意味。まあ、これはお買い物のときによく使う言葉だよね。

でもこのディスカウントはコミュニケーションでもやってしまうことがあるの。

コミュニケーションにおけるディスカウントってどういう意味かというと、「イヤミ」「皮肉」「否定」「ダメ出し」「無視」のこと。

相手の価値を下げるコミュニケーションのことなの。

これ、親しい関係であればあるほどついやっちゃうことが多い。

私は若いころ、おしゃれをして出かけようとすると、母にいつも「そんなキレいにしてどちらへお出かけかしら?」といつもとは違う声色で尋ねられた。

もちろん無視したんだけど(笑)

 

私たちはなぜ、相手を値引きせずにいられないのか?

 ときどき会う男性経営者のAさんは、「女子だから、とりあえず笑っとけば何とかなるでしょ」とか「夜の営業をしたら?」とか、何かと女性をバカにしたような物言いが気になる。

このような相手を値引きする発言、つまりディスカウントは、無意識にしてしまうものなの。このAさんも私のことが嫌いなわけでもないし、わたしをバカにしようと意識して言ってるわけでもない。

ついうっかり、という感じだ。

でも、なぜやっちゃうのか?会話でのイヤミ、皮肉、否定が止められない理由、それは・・・

自分を相手より上の立場にしておきたい、つまり相手より自分が勝っていたい、優位でありたいことが最大の理由。

ようするにマウントを取っておきたいということだ。

これ、多くの人がやってることであって、ぜんぜん特別なことじゃないの。自分だけは違うと思って、「あいつもイヤミばかりだ」「夫はいつもマウント取ってくる」と犯人捜しをしている場合じゃない。

 

ディスカウントは返ってくる!?

 ディスカウントは自分に返ってくることも多いし、別の人へのディスカウントになって広がっていくこともある。

イヤミを言ったらイヤミを言われるし、イヤミを言われた人は傷ついて、誰かをディスカウントしたくなる。

価値を下げられて、何も感じない人はいない。なんだかモヤモヤするな…いや~な気持ちだな。この感情が今度は相手の価値を下げずにいられない毒薬になってしまう。

相手へやり返せない立場の人は、より弱い者へディスカウントすることになる。

例えば、夫が妻へ「すっかりおばさんだな」とか言ったとする。妻はモヤモヤして、いや~な気持ちになる。

値引きされた妻は、今度は子どもに「もう7才なのに、どこの甘えん坊かしら」とかイヤミを言う。

 

意外と気づいていないイヤミ発言

 相手を否定しているかどうかは、みなさん自覚できているんだけど、イヤミや皮肉になると、通常のコミュニケーションだと思っていて、まさか自分が相手をディスカウントしているとは気づいていないことが多い。

当たり前にやっちまうディスカウントの事例を少し上げてみる。

子どもに対して「Kくんは学年で2番らしいじゃない」って言うのもイヤミだし皮肉。子どもが学年で1番のケースを除いては。

妻が夫に言う「ねー、ごろごろしてるんだったら何か手伝ってよ」もめちゃんこイヤミ。

子どもに「ねーお母さん、どっか外食しようよ」って言われて「行けるわけないでしょ!お父さん、安月給なんだから」って夫がいるところで言っちゃうのは、夫へのかんぜんなる皮肉であり、子どもへの否定。

会社で一番の古株の先輩に「さすがSさん!年の功ですね」とか言っちゃうのもね(笑) 「Sさん、さすがです」だけにしときゃーいいのに・・・

こうやって無意識のディスカウントは、毎日のように周りの人を毒針で刺し続け、それがやがて自分に返ってきてるというわけ。

 

否定やイヤミをやめて愛を循環させて生きる方法とは?

 このように”無意識のディスカウント”をしているからコロナでおうち時間が増えて、家族みんなに毒がまわり過ぎてしまう。

世界中の家族が過去最大にギクシャクしてしまっている原因はディスカウントなコミュニケーション。

コロナはいい機会だから、せっかくならディスカウント体質を根本から改善して、家族で愛のあるコミュニケーションを交わせるようになるといい。

あなたが否定、イヤミ、皮肉をなくすためにまずやるべきことは、これ。

自分への否定、イヤミ、皮肉をなくすこと。自分をホメて認めてわかってあげるのです。

そのために、毎晩ノートに自分を10個ホメるようにするなど、何か継続的なトレーニングをしてみてね。

そうすれば、無意識にイヤミや皮肉が消えて、相手をホメて認められるようになる。

相手をホメて認めれば、それが自分に返ってきて、心の栄養になる。それはすぐに家族中に循環する。

免疫力も高まって、みんな病気にもなりにくい。コロナなんて怖くないぞ。

家族みんなにとって居心地のいいお家になるといいですね。

 

 

☑ 問題解決力をつけたい
☑ いつもご機嫌でいたい
☑ エミークコーチングシートに興味がある
☑ モヤモヤ、イライラを解消したい
☑ 何か新しいことを始めたい
☑ 井上ききに興味がある

そんなあなたをお待ちしています!

この記事を書いている人 - WRITER -
井上 きき
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 井上きき , 2020 All Rights Reserved.