お気軽にLINE@からメッセージくださいね♪

笑み育カウンセリング

笑み育ワークシートダウンロード

浮気される原因と浮気されない女になるたった一つの方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!井上ききです。

今さらながら「逃げ恥」を初めて観ている私です。みんなが盛り上がってるときにはどうしても観れない、あまのじゃくなこの性格。

正直、めちゃめちゃ面白いじゃないか!と思ってニヤニヤとわくわくとトキメキが止まりません!!

今さらですみません汗

 

さて、浮気をテーマに書こうと思うけれど、浮気されなくても、夫が仕事ばかりでちっとも家に帰らないとかも、仕事に浮気されてるようなものだと思うの。

浮気、つまり「恋愛依存」もワーカホリックという「仕事依存」も、根っこは似てる。

だから、夫に浮気された!なんてことがなくても、ぜひ、最後まで読んでね。今後、そのようなことが起こらないためにも、あるいはそのようなことが起こったときのためにも。

これを読むと、浮気する男性の心理も仕事から帰って来ない男性の心理もわかるし、浮気されないために妻がどう在ればいいのかがシンプルにわかります。チェケラ。

 

男性はパートナーを幸せにしたい

パートナーを持つすべての男性は、パートナーを幸せにしたいと思ってるの。喜ばせたいし、笑顔にしたいと思ってる。

ただし、そう思ってはいるものの、行動に移せてない人は多いんだけどね。

行動できない人は、過去に痛い思いをしてて、行動したくてもできないって状態。なんらかのマイナスの思い込みを握ってる。

例えば、子どものころにお母さんを喜ばせようとキレいな石を拾って帰ったけど「石なんて、台所に持ってこないの!!!」とかって怒られたり。

日本人男性はこのあたり、傷ついてる人は多い。だから、どうもイタリア人みたいにはなかなかね・・・。

また、幸せにしたいと思っていてもピントがずれていることも多い。

これは、さっきの逆で昔、お母さんはこれで笑顔になったし、ホメてくれた、っていうのを妻にも採用しているケース。

うっかりもしているのです。

 

いずれにせよ、妻やあるいは恋人を幸せにしたいと”思ってる”ことは真実なのです。まあ、もちろん思ってるだけじゃダメなんだけどね。

逃げ恥に学ぶなら、本当の想いを伝えあうってことが大事で、仕組みやルールに頼ろうとするのはよくないね。男性も女性も。

 

自分が役に立てているかどうかが重要

男性はパートナーが幸せであればいいと思っているわけではなくて、”自分が”幸せにしたいと思ってるの。

そして、それができると思いっきりセルフイメージが上がってしまう。

反対に、自分は幸せにできていないと感じると、セルフイメージが下がってしまう。

この、自分が妻の幸せのために役に立てているのか、そうではないのかは、私たちが思う以上に重要なことだったりするのです。

だからこそ、何をしても妻が笑顔にならず、忙しそうにしてたりイライラしてたりして、あるいは文句ばかり言ってたりして、

家事でも手伝おうかと思うんだけど、やったらやったで文句を言われ、やっぱり役に立てなくて、

結局いまでは何を手伝えばいいのかわからず、

もう、おいらには妻を喜ばせることはできない・・・という絶望を味わう。

(こういうとき私なんかは、もう何が何でもご機嫌になんかなるもんか、みたいな勢いだったりする)

 

なんてことになると、男性は役に立てるどこかへ行く。

喜んでくれる人のところにプレゼントとか持って行く。

 

結局、浮気の原因はコレ

つまり、浮気される原因のひとつは、妻の”不機嫌”。

男性たちにとって、この不機嫌は天敵なのだ。

責められたりなんかしたら、ますます自分は役に立ててないどころか、自分は妻を不幸にしてるんだ、という絶望を味わう。

自分はなんてダメな男なんだ~、なんて価値がないんだ~、もう存在する意味なんてないんじゃないか~って。

セルフイメージが下がりまくる。

仕事ばかりする男性も同じく、仕事の方がはっきりと役に立ってる感が味わえることが多い。お客さんに喜ばれたり、上司に評価されたりなんかするから。

家庭で下がったセルフイメージをどこかで上げたくなるんだね、きっと。

 

妻の不機嫌の原因とは?

妻の立場としては、不機嫌の原因がまさに夫なんですけど、って言いたくなると思うの。

夫が話を聴いてくれない、大切にしてくれない、ダメ出しをする、わかってくれない、認めてくれない!だから不機嫌にもなるでしょー!

こう思いますよね。私もずっとそう思ってた。

ところが、大切にされてないとか認めてもえないと感じたときに、ご機嫌でいるのも、不機嫌になるのも、私たちは自分で選択してるんです。

お気楽でいるか、深刻になるのかも。

 

不機嫌を選択する人は、大切にされてないと感じると「どうせ私は愛されてない」という世界に入っていきます。

いつまでもこだわって、不機嫌モードに入り続けて、相手に不機嫌を無言のまま空気で伝えたり、その結果、相手に機嫌を取ってもらうために、とにかく深刻に振舞ったり、

あるいは、ダメ出しや攻撃して仕返ししたりする。

その結果、いわゆる「取り付く島もない」というやつで、

男性はあなたを幸せにすることに失望する。

結果、浮気かもしれないし、帰りが遅くなるかもしれない。あるいは、結婚記念日にプレゼントがなくなったりとかする。

そして、われわれ妻側は「やっぱり、私は愛されないんだ」ってことなにり、また不機嫌になる。

つまり、私たちが不機嫌になってしまう原因は、「どうせ愛されない」というネガティブな思い込みのせいだし、

その「愛されない私」という自分の解釈を証明するためだったりもするのです。

 

浮気されないためにできること

さっきお伝えしたように、大切にされないと感じたとき、ご機嫌でいるか不機嫌になるかを私たちは自分で選択することができます。

ご機嫌を選択する人は、否定されたりしても「どっちみち愛されてる」という世界を生きているので、まぁいいかって思います。

あるいは、「ここは、そうだねって言ってくれたら嬉しかったな」とか可愛く伝えます。相手を否定するのではなく、自分の希望を伝える感じでね。

深刻にならずに。

そうすると、パートナーは「そうだね」って言うと、妻を幸せにできるのか!と素直に学びます。責められてないから素直に学ぶのです。

あなたができるだけ簡単に幸せになちゃって、できるだけ簡単に喜んじゃう人であればあるほど、パートナーは浮気をしないということです。

もちろん、怒りや悲しみを我慢しましょうって言っているわけではないです。むしろ、言いたいことを繰り返し飲み込んでいるからこそ、不機嫌になっているはずです。

大事なのはむしろ、我慢をやめることなのです。

 

まとめ

男性はパートナーを喜ばせたい生き物です。妻を幸せにできるとセルフイメージがあがります。

だから、かんたんに喜んじゃうご機嫌な人になれば、浮気をされる危険は非常に少ないです。

反対に男性は妻の不機嫌が苦手です。そうすると、自分が喜ばすことができる人のところへ行ってしまうわけです。

というわけなので、浮気されない妻でいるためには、ご機嫌でお気楽であることが必要です。

そのためには、「私はどうせ愛されるんだ」という大前提が必要。どうせ愛されるから、我慢しないで意思を伝えあうことも大事。

「私はどうせ愛されるんだ」

この前提を持っている人は、男性だけじゃなく、そもそも誰からもおおむね愛されて、問題トラブルが起こりにくいんですよ。あなたも必ず、この前提を変えれます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ママを女神さまにする、「笑み育カウンセラー」井上ききです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 井上きき , 2021 All Rights Reserved.